にきび薬

にきびの原因によって適切な治療方法(にきび薬・洗顔石鹸・化粧品)は変わります

にきびのできる原因は、皮脂の過剰分泌や毛穴のつまり、ホルモンバランスの崩れ、ストレスなど様々な原因があります。10代の思春期ニキビと大人ニキビでもその原因は異なるため、適切な治療方法・予防方法も異なるのです。

 

にきびができる原因によって適切な対処方法は変わりますので自分に合ったアクネケア対策を行うことが綺麗なお肌に戻すための近道といえるでしょう。

生理前のニキビ

女性の場合は生理前になるとホルモンバランスが崩れるためニキビが出来やすくなる方は多いでしょう。

 

そういう方はホルモンバランスを正常にするための対策が必要になります。

 

おすすめはラミューテ化粧品というスキンケア化粧品です。

 

ラ・ミューテ化粧品では女性ホルモンバランスに着目したスキンケア化粧品としては唯一の存在といっても良いでしょう。

 

ダマスクローズという高級な薔薇のエッセンスが女性ホルモンバランスの崩れを正してくれる性質を注目して開発された大人ニキビ対策および乾燥対策の化粧品です。

髪が顔にかかって雑菌が増えやすいという原因の場合には、髪型を変えるという方法もありますが、こまめに顔をウェットタオルなどでふき取って化粧水で保湿をこまめにするという方法でも効果はあります。